片腕が不自由な父の同級生が家に来るようになった。ある時親父に向かって「今更お前の腕なんか貰ってもな、もっと若いのがいいよ」