手料理を喜んでくれる彼「また作って!」